TOP > リペア商品のこれから/取り組みその二

リペア商品のこれから
その一 ●その二  その三  その四


取り組み その二

ハウスボックスでは、取扱商品全てに「厚生労働省の指定対象化学物質」低減化と安全性配慮への取り組みを行っており、リペア商品を使用した際の室内空気汚染への対策も徹底しています。
現状の建築基準法でも、明確に基準が定められているホルムアルデヒドに対する規制(F☆☆☆☆)以外にも、ハウスボックスでは「厚生労働省指定対象化学物質」に該当するトルエン・キシレン・スチレン・エチルベンゼンなどの化学物質への対策も積極的に取り組んでおります。
また、ホテル・デパートなど、商業施設のリペア業務で要求される事の多い【臭いを出さないリペア技術】の確立も進めております。

その二の実践[ 1 ]


エコスターの場合

PRO SEMIPRO END

エコスター

F☆☆☆☆(フォースター)は、JIS工場で生産されるJIS製品に表示することが義務づけられている、ホルムアルデヒド等級の最上位規格を示すマークです。F☆☆☆☆と表示されている建材や内装材,塗料だけが、建築基準法によって使用量が制限されません。
ハウスボックスでは、リペア作業の最終工程で必ずといって良いほど使用されるサンディングシーラーと艶調整スプレーに、F☆☆☆☆を取得したエコスターシリーズを加えました。
また、一般的なスプレーに含有されているトルエンやキシレン(厚生労働省が指定する有機系揮発成分に指定)も、エコスターシリーズには含有されていません。

その二の実践[ 2 ]


フィニッシュアップの場合

PRO SEMIPRO END

フィニッシュアップ

ハウスボックスでは、建築施工現場で制限なく使用できるスプレー・エコスターシリーズを開発しましたが、百貨店などの店舗や、ホテル・レストランなどでは、臭いの出るリペア商品の使用が禁止され、エコスターシリーズでも使用許可がもらえない場合があります。
そのような場合でも、艶調整に【フィニッシュアップ(水性ポリウレタン)】、着色剤にブレンダルスティックを使用する事で『臭いの出ないリペア作業』が可能になります。
尚、火気厳禁の現場で、ガス式のホットナイフが使用できない場合には、電池式のホットナイフB2006などをご使用ください。

その一の実践[ 3 ]


ブレンダルスティックの場合

PRO SEMIPRO END

ブレンダルスティック

プロのリペア作業で使用される一般的な着色剤は、密着剤・希釈剤としてシンナーなどの溶剤を使用します。このような溶剤も、百貨店などの店舗や、ホテル・レストランなどのリペアでは、使用許可がもらえない場合があります。
そのような場合でも、着色剤に【ブレンダルスティック(顔料をスティック状に固めたもので、顔料含有比率50%前後)】を使用し、フィニッシュアップでコーティング・艶調整する事で『臭いの出ないリペア作業』が可能になります。