TOP > リペア商品のこれから/取り組みその四

リペア商品のこれから
その一  その二  その三 ●その四


取り組み その四

ハウスボックスでは、『リペア』と『メンテナンス』は一体と考え、取り扱うメンテナンス商品にも世界基準を求めています。
ハウスボックスが考える“世界基準商品”とは、品質面や環境面で、世界各国で評価の高い商品の事です。
日本市場と比較しても、品質面・環境面での基準が厳しいヨーロッパなどでも評価の高い商品を、積極的に日本市場に導入おります。

その四の実践[ 1 ]


CCエコリムーバーの場合

PRO SEMIPRO END

CCエコリムーバー

「床材施工中に、接着剤が床表面に付着してしまった。」「壁紙・クロスに汚れがべっとり付着してしまった。」など、住宅施工中に接着剤や汚れが付着してしまう事は多々あります。
ただし、一般的な市販のリムーバーを使用すると、床材表面のクリア面や塗装面を傷めてしまう可能性があります。
ハウスボックスでは、接着剤や汚れを剥離する効果でも、床材表面を傷めない安全性でも、市販のリムーバーと比較して非常に優れた品質を発揮するCCエコリムーバー(CCドクターシュッツ社・ドイツ)を販売しております。
日本の住宅市場で一般的に使用されている床施工用接着剤の剥離テストも行っており、また接着剤だけでなく、床材・クロス・壁紙・スチール家具などに付着した頑固な汚れを取り除く事も可能です。

その四の実践[ 2 ]


『床鳴り』リペア商品の場合

PRO SEMIPRO END

床鳴りとまるんです

集合住宅などに使用される直貼り工法のフローリングの場合、ある程度の床鳴り(実鳴り)が発生してしまうのは止むを得ない事です。ただし、床鳴りをそのままにしておくと、引き渡し⇒アフター点検時に、お施主様からの不満やクレームとして上がってくる可能性が非常に高いです。
ハウスボックスでは、直貼り工法のフローリングの実部分に注入するだけで、床鳴り(実鳴り)を抑える事ができる「床鳴りとまるんです」をはじめ、浮き・すき間などが原因で発生する床鳴りのリペア用商品「ギシギシストッパー」も用意しております。

その四の実践[ 3 ]


イメクスポ社製チェアマットの場合

PRO SEMIPRO END

イメクスポ社製チェアマット

住宅入居後に生活を始めてみると、フローリングが住宅の中で一番傷つきやすい箇所だと言うのが分かると思います。特に椅子を頻繁に動かす場所、キャスター付の椅子を使用している場所は、いつの間にかフローリングが凹んでいたり、傷ついていたりします。
ハウスボックスでは、SOHOが発達している北欧で最も売れているチェアマット(イメクスポ社・デンマーク)を全国の家具小売店で販売しております。大切な家の床を守るためにもチェアマットの使用を推奨しています。