TOP > クロス・壁紙 > セミプロの方 クロス・壁紙

セミプロの方 レザー

破れ

オレフィン壁紙(クロス)とビニールレザー製品(ソファー・ゴルフバッグ・電気コードなど)を密着させると、オレフィンと塩ビ素材がくっついて壁紙(クロス)が破れる場合もあります。
また、壁紙(クロス)の破れを放置していると破れ箇所が広がってしまう場合がありますので、早い段階でのリペアが必要です。

破れやピン穴・釘穴には、プレインスティックをお奨めします。
プレインスティックは適度な柔軟性があり、艶消しタイプの充填剤なのでクロスの質感を損なうことなく、仕上がり・耐久性に優れたリペアが可能です。

プレインスティック作業写真
  1. リペア前の状態(小さい剥がれキズ)
    キズがつき、完全にクロスが剥がれてしまった状態です。
    ※リペアで対応できるキズの大きさは、約1cm〜1.5cmです。
  2. 下地処理
    キズやその周辺の汚れを拭き取ります。
    その後、ヘラ等を使用し、壁修復面を平らにならします。
  3. 充填
    リペア対象に合った色のプレインスティックをコテで溶かし、少しずつ充填し、クロス表面を再現します。色が合わない場合は、プレインスティック同士で調色が可能です。また、プレインスティックの上に着色する事もできます。
  4. リペア後の状態
    剥がれてしまったクロスもプレインスティックを使用する事により、質感を失うことなく、仕上り・耐久性に優れたリペアが可能です。
  5. 仕上り

※壁紙(クロス)にスプレーを塗布しないで下さい。種類により、変色の恐れがあります。

匠〜TAKUMI〜(プレインスティックのページ)
匠〜TAKUMI〜
(プレインスティックのページ)
 

クロスは一般的に吸湿性・通気性が殆どないので結露や乾燥に弱く、部分的な剥がれが生じやすくなります。
剥がれを放置しておくと、剥がれが広がってしまいますので、早い段階でのリペアが必要です。
剥がれには、『クロス職人 はがれ補修キット』がお奨めです。

『クロス職人 はがれ補修キット』は、接着剤と圧着用のローラーがセットになった、とても使いやすいキットです。

※リペアする前に、下地に残っているゴミや汚れを除去してください。残っているとリペアしても接着力が弱く、再度剥がれる事があります。

はがれ補修の商品・・・はがれ補修キット
はがれ補修の商品
はがれ補修キット
HP動画(はがれ補修キット)
HP動画(はがれ補修キット)
 
エコリムーバー

住宅やホテル・店舗などで主に使用されているクロスは、油性マジック・手垢・チョコレートなどの頑固な汚れを落とす事は出来ません。
このような頑固な汚れには、CC-Ecoリムーバーがお奨めです。

CC-Ecoリムーバーは、ドクターシュッツ社(ドイツ)の商品で、TUV(環境に厳しいドイツでも最も認証を受けるのが厳しいと言われる第三者安全認証機関)の認定を受けている商品で、既に日本の住宅業界でも品質の高さで評価を得ております。
特徴として、壁紙(クロス)だけでなく、木質建材やスチール家具の頑固な汚れにも高い効果を発揮します。

※一部のクロスには適さない場合もございますので、目立たない箇所で試してからご使用ください。

CC-Ecoリムーバー
CC-Ecoリムーバー