TOP > ウッド(木質建材・家具) > プロの方 ウッド> 厚生労働省指定14物質を一切含有しないリペア作業

厚生労働省指定14物質を一切含有しないリペア作業

ハウスボックスでは、取扱商品全てに『厚生労働省指定対象化学物質』の低減化と安全性配慮への取り組みを行なっており、リペア商品を使用した際の室内空気の汚染への対策も徹底しています。
また、近年の建築現場での環境を汚染しない材料の使用を義務付けられた現場がほとんどです。
現状の建築基準法でも明確に基準が定められているホルムアルデヒドに対する規制(F☆☆☆☆)以外にも、弊社では『厚生労働省指定対象化学物質』に該当するトルエン・キシレン・エチルベンゼンなどの化学物質への対策も積極的に取り組んでおります。

 

厚生労働省指定14物質を一切含有しないリペア商品

充填剤
ハードワックス ●14物質クリア商品
●サイズ4cm
コテの熱で水のように溶け、色混ぜが容易に行えるスティック充填剤。
木質の塗装建材・シート建材のえぐれキズや凹みキズの充填作業にお奨めです。
  • 全102色
  • 半透明・不透明
  • 主成分:パラフィン油脂
  • 融点84℃
ハードワックス

着色剤
アートマーカー
(染料系)
●14物質クリア商品
充填箇所の木目の再現や、建材・家具の着色補修に最適です。
  • 全色25色
  • 極細ペン先(木目描き用)、太ペン先(着色補修用)の2色
  • 染料
  • アルコール着色剤
ハードワックス
ペイントボックス
(顔料系)
●14物質クリア商品
補色・木目描きに最適の固形着色剤
ほとんどの木質製品、プラスチック成型品に使用可能。
速乾性で耐摩耗性も高く、耐候性も有るので、外装材にも使用可能です。
着色剤は原色5色と基本色7色をセットにした、プロに人気の商品です。
  • 12色入
  • ラッカー系着色剤
  • 主成分:顔料(不透明)・アクリル樹脂
ハードワックス

希釈剤
セルローズシンナー ●14物質クリア商品
●容量:250ml/1l
主に着色工程で使用するラッカー系希釈剤。
フェラーエックスやペイントボックス、エナメルペイントなどの希釈剤として使うことができ、筆もちもよく、伸びの良い着色が可能です。
  • 透明
  • ラッカー系希釈剤
  • 主成分:エタノールなど
ハードワックス

艶調整剤
エコスター ●14物質クリア商品
●F☆☆☆☆登録商品
●容量:300ml
環境に配慮したF☆☆☆☆対応商品
仕上げ済みの家具や建材の補修作業に合わせた艶調節スプレーで、透明性の高いラッカー塗料を使用している為、仕上りが抜群に綺麗です。
また希釈率が高く、薄く綺麗な塗膜を形成することが出来ます。
  • 12色入
  • ラッカー系着色剤
  • 主成分:顔料(不透明)・アクリル樹脂
ハードワックス
 

厚生労働省指定14物質を一切含有しないリペア作業方法

本格的にリペアを始めたい方や、住宅業界の方にお奨めの作業方法です。
1.充填 リペア対象物に合った色のハードワックスを数色溶かしてキズに充填します。
※主要建材メーカーの近似色対応表をご用意しております。
イメージ
2.面出し 充填箇所をスペシャルフィラーズアプリケーターで削って平らにします。
※削って平らにすることが出来ますので、熱に弱い素材を補修する場合でも安全に作業が行えます。
イメージ
3.清掃 リキッドサンドペーパーをフェルトブロックに染み込ませ、軽く撫でるように動かし、周囲に付いてしまったハードワックスを取り除きながら多少盛り上がったリペア面をリキッドサンドぺ−パーで溶かし取り完全に平らにします。
4.木目描き アートマーカーを使用し、木目を書き入れます。
指やスチールウールで線をぼかし、色や質感を調整します。完成です。
イメージ
5.艶調整 更に艶まで調整したい場合は、キズ周囲の艶に合ったエコスターを選択し、リペア箇所とその周囲に吹き掛け、リペア箇所の艶調整とコーティングを行い完成です。
エコスターシリーズは住環境に配慮したF☆☆☆☆対応の補修スプレーです。
イメージ

素早い作業を希望されるプロ補修業者、建具、美装、引越、家具製造の業者の方にお奨めの作業方法です。
1.充填 リペア対象物に合った色のハードワックスを数色溶かしてキズに充填します。
※主要建材メーカーの近似色対応表をご用意しております。
イメージ
2.面出し 充填箇所をスペシャルフィラーズアプリケーターで削って平らにします。
※削って平らにすることが出来ますので、熱に弱い素材を補修する場合でも安全に作業が行えます。
イメージ
3.清掃 リキッドサンドペーパーをフェルトブロックに染み込ませ、軽く撫でるように動かし、周囲に付いてしまったハードワックスを取り除きながら多少盛り上がったリペア面をリキッドサンドぺ−パーで溶かし取り完全に平らにします。
4.着色 ペイントボックスを使用し、補修作業に必要な色をセルローズシンナーで溶かし、色を作成します。
木目を書き入れます。
指やスチールウールで線をぼかし、色や質感を調整します。完成です。
5.艶調整 更に艶まで調整したい場合は、キズ周囲の艶に合ったエコスターを選択し、リペア箇所とその周囲に吹き掛け、リペア箇所の艶調整とコーティングを行い完成です。
エコスターシリーズは住環境に配慮したF☆☆☆☆対応の補修スプレーです。
イメージ